借金返済の方法には、大きく分けて5つあります。まず、借金を貸した人と直接話しをして交渉する任意整理という方法があります。これは、一般には弁護士に任せることになります。
二つ目は、調停という方法があります。裁判所の調停委員が中に入って、貸し手と借り手の両方の意見を聞いて一番いい解決策を考えていくという方法です。
三つ目の方法は、訴訟です。これは、貸し手と借り手の意見が一致しない場合に、裁判所でどちらが正しいか、判断してもらう方法です。
四つ目は、個人版の民事再生法です。この方法は、債務者に有利で、仕事や事業を続けながら、借金返済を行っていくという方法です。自己破産と違って、すべての財産を差し出すわけではありません。
五つ目は、借金返済を考える時の最後の手段の自己破産です。自己破産をすれば、借金返済をしなくてもいいのではなくて、免責もあるので注意が必要です。
借金返済の方法には、こうした5つの方法があることをあらかじめ知っておく必要があります。そして、こうした借金返済について困ったことがあれば、すぐに法律の専門家に相談をすることが大切です。具体的な方法を提示してもらうことによって、前向きに借金返済を考えていくことが出来るといえます。

 

 ipod裏技  バーバリーのスプリングコート

カテゴリ

月別アーカイブ

このサイトを購読する