借金返済の任意整理

2009年6月14日 11:02 | コメント(0) | トラックバック(0)

借金返済がどうしても出来ないと分かった時点で、蒸発したり、自殺をしたりする人もいます。借金返済が出来ないことで、命を絶ってしまうのは、本当に悲惨なことです。
また、借金返済ができない場合、任意整理をすることによって、借金の額を減らして借金返済を可能にする方法があります。
任意整理は、自己破産とは違って、弁護士や司法書士に貸し手に掛け合って、借金の利子を減らし、支払額を返済可能な額に決めてもらう方法です。
消費者金融などでお金を借りた場合、その利子はとても高くなっています。もともと、利息制限法という法律があるため、この法律に違反している場合には、弁護士や司法書士が金融会社と話をして、本来の借金返済の額を話し合って決めてくれます。この話し合いには、裁判所は入らないので、自己破産とは違います。
利息制限法に基づいて、借金返済をすることになっても、借り手が支払いきることが出来ない場合には、利息をもっと少なくして欲しいという交渉も、弁護士や司法書士がしてくれます。ただ、これは金融会社と彼らの話し合いなので、必ずしも利息を安くしてもらえるというわけではありません。出来るだけ、任意整理を専門としている、弁護士や司法書士に依頼したいものです。

 

 パイロット年収  ベビーマッサージ資格
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • Google Bookmarksに登録
  • はてなブックマークに登録
  • del.icio.usに登録
  • livedoorクリップに登録
  • Buzzurl(バザール)に登録

関連記事

借金返済の方法
借金返済の方法には、大きく分けて5つあります。まず、借金を貸した人と直接話しをして交渉する任意整理という方法があります。これは、一般には弁護士に任せることになります。
借金返済の相談窓口
平成16年には、総合法律支援法という法律が出来ました。これは、民事や刑事を問わず、法律のトラブルに巻き込まれた場合、必要な情報やサービスの提供をする法律です。
借金返済の任意整理
任意整理は、自己破産とは違って、弁護士や司法書士に貸し手に掛け合って、借金の利子を減らし、支払額を返済可能な額に決めてもらう方法です。
借金返済における利息制限法
もし、借金返済をしていく上で、利息制限法や任意整理を知らなかった場合には、法外な利息を払うことになっています。任意整理では、実際に支払った利息制限法を越えた利息に関しても、その利息を借金返済に充てることが出来ます。
借金返済の「借金してても委員会」
「借金してても委員会」というのは、借金返済の相談をすることができる国家資格のある専門科集団です。
借金返済への取り組み方
その取り組み方の一つは、自分がどうなってもいいという自暴自棄にならないということ、二つ目は、借金があることを誰かに打ち明ける勇気を持つことです。勇気を出して、借金返済についての問題を保証人の人に打ち明ける必要があります。三つ目は、自分のプライドを捨てるということです。
借金返済かんぽ生命
急にお金が必要になった時などは、契約者貸付をしてもらえます。これは、簡易生命保険契約または、かんぽ生命保険契約をしている人に限ります。
借金返済ブログ
インターネットでは色々なブログが公開されています。その一つ、借金返済に関するブログもたくさんあります。借金返済で悩んでいる人は、このブログを読むことで、自分と同じ状況の人を見つけて勇気付けられることでしょう。
借金返済支援だまされないでNET
借金返済に関するインターネットのサイトは、数多くあります。その中で、借金返済で苦しんでいる人たちを支援するためのサイトもたくさんあります。
借金返済についての相談
親しい友達から、「借金返済で悩んでいるので、相談に乗ってほしい。」などの相談を受けた場合、どういった対応を取ると良いのでしょう。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://yosinc.com/mt2/mt-tb.cgi/571

コメントする

カテゴリ

月別アーカイブ

このサイトを購読する